2007/3/26


#20
オジー・デリモア:
ルーツレゲエシンガー from セントヴィンセント
Ossie Dellimore: Roots Reggae Singer from St. Vincent













 ジャマイカ、ジャマイカと草木もなびくレゲエブーム。いや、一過性のブームではなく、レゲエは日本にもすっかり定着してしまったのかもしれない。


 そんな中、ルイール4月号は75ページのジャマイカ大特集を組み、かなり好評だった様子。その4月号が出る頃に私が何をしていたかと言うと、ブルックリンで、ジャマイカ出身ではなく、セント・ヴィンセント出身のレゲエミュージシャンにインタビューをしていたのだ、ルイール5月号のために。


 以前から顔見知りだったオジー・デリモア氏がセント・ヴィンセント出身のレゲエシンガーだと知った時に、ちょっと面白いなと思った。


 my space(アメリカのmixi)にアップされているデリモア氏の歌を聴くと、本格的なルーツシンガーであることが分かった。しかも上手い。ソウルフル。


 そういえば昔、セント・ルシア出身のラスタマンも近所にいた。トリニ、セント・トーマス、セント・クロー、ドミニカ、プエルトリコ……カリブ海の島々にはまんべんなくレゲエが浸透しているのだ。去年はアフリカ、コートジヴォワール出身のレゲエシンガーにもインタビューした。ジャマイカ以外の国のレゲエを集めた『クルーシャルレゲエ fromアウトサイド・ジャマイカ』というコンピレーションアルバムもあり、デリモア氏の曲も収録されている。<レゲエ=ジャマイカ>では、決してないのである。


 こんなことからデリモア氏にインタビューしてみようと思い立った。現在の日本のジャマイカ・ブームを考えるとハズしているのかもしれないけれど、ライターとして、いつも世間の主流にちょっと意義を申し立ててみたいのである。


 ところがインタビューをしてみると、結果として彼がヴィンシー(セント・ヴィンセント人)であるかどうかは問題ではなく、オジー・デリモアは確たるコアを持ったひとりのラスタファリアン、ルーツシンガー、ギタリスト、そして父親であり、はたまた人生をエンジョイする達人でもあることが分かったのだった。
ーendー


*このページにはルイールのインタビュー記事に掲載しなかった写真に、ちょこっと手を入れてアップしてみました

売り切れる前に、本屋へGO!
LUIREルイール5月号(リットーミュージック刊) 3月28日発売


ジャマイカ以外のレゲエを集めた
クルーシャルレゲエ
from アウトサイドジャマイカ Vol. 3

代表曲"Time Has Come" 収録の1stアルバム
フリーダムジャーナル


Ossie Dellimore ウエブサイト
My Space  ← 4曲聴けます




Copyright(c)2007 NYBCT all rights reserved
文・撮影:堂本かおる
掲載内容の無断転載は固く禁じます




ホーム